楽団紹介

東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団(ユニフィル)

通称ユニフィルは、1973年に結成された日本新交響楽団を前身として、1997年に「東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団」と改称し、同年4月「第一回定期演奏会」を開催。定期演奏会・名曲コンサートなどの自主公演も55回を数え、名曲のより質の高い演奏でクラシック音楽愛好家の支持を得ている。
2001年から大田区をはじめ地元諸団体の協賛ではじまった「初夢コンサート」も2014年で第14回を数え、2009年より東京自由が丘ロータリークラブ、目黒区、目黒区芸術振興財団との共催で「親子のためのふれあいコンサート」を開催し、地域に根付いた活動を積極的に展開している。
さらに、2009年から文化庁主催による「舞台芸術の魅力発見事業」「子どものための優れた舞台芸術体験事業」の依頼を受け、九州・沖縄の各県において多数の公演を行い地方への感動の輪も着実に広げている。
オペラ公演では、東京オペラ・プロデュース、日本オペラ振興会、ミラマーレムジカ、渋谷シティ・オペラでの「ラ・ボエーム」、「じゃじゃ馬ならし」、「愛の妙薬」、「セヴィリアの理髪師」、「カヴァレリア・ルスティカーナ」、「道化師」、「エトワール」等で高い評価を得ている。
2009年には一般社団法人として新たな体制として充実をはかり、現在、社団法人日本オーケストラ連盟準会員。

メッセージ

東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団は前身の日本新交響楽団として1973年に結成されました。青少年に「感動ある生 きた音楽を」をテーマに活動をはじめ、43年を迎えます。この間、日本各地の自治体、教育委員会、音楽教育研究会をはじめ、社会奉仕団体、文化財団、大田区、目黒区など地元のご支援も受け、活動を続けることができました。何より暖かい聴衆の皆様に支えていただいてきました。心より感謝申し上げます。
おかげさまで全国をくまなく回り、延べ880万人もの青少年の皆様に聴いていただき、情操教育の一助になれたと、確かな喜びを胸にしております。
1997年東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団(ユニフィル)と改称。同年4月に第1回定期演奏会を開催。自主公演は定期公演の他、名曲コンサート、初夢コンサート、親子のためのふれあいコンサート、たのしっくコンサートと、幅広い企画で公演しております。2014年度で81回を数えました。今後も市民の皆様にクラシック音楽を親しんでいただけるよう努力してまいります。
オペラ・バレエの公演では(社)東京オペラプロデュース・(公財) 日本オペラ振興会・渋谷シティオペラ・NPO法人ミラマーレ・オペラ・(公財)東京バレエ団等で演奏し高い評価をいただいております。得意のアンサンブルと初演物やホール外の公演で鍛えた対応力を生かして頑張ってまいります。
2007年社団法人日本オーケストラ連盟会員となり、法人としての充実に努めております。国の文化事業でも、2009年文化庁助成で「舞台芸術の魅力発見事業」を実施。2010年文化庁主催「子どものための優れた舞台芸術体験事業」を九州各地(大分、宮崎、鹿児島、沖縄)で18回実施しました。2014年2月、石川県音楽文化振興事業団などと共同制作した委嘱新作オペラ「滝の白糸」(作曲:千住明、台本:黛まどか、指揮:大友直人)を新国立劇場にて公演、絶賛を浴びました。今後も挑戦してまいります。
2012年に新たに松岡究氏を常任指揮者に迎え、「歌心のあるオーケストラ」とのテーマを掲げました。今までの青少年のための「未来からの使者たちへ」と、2本の柱で文化活動を続けてまいります。身近な親しみのあるオーケストラとして、引き続きご支援・ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

(一社)東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団
楽団長 河村 隆三

ユニフィル事務局

団体名称(一社)東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団
代表理事河村隆三
所在地〒143-0015 東京都大田区大森西6-5-23
TEL03-3766-0876
FAX03-3766-0983
設立1997年創立